【写仏|隨心院】日本修行場めぐり(京都市)

日本修行場めぐり

今回は京都市内の
小野小町ゆかりの場所を歩き、
仏さまの姿を描き写す写仏
隨心院ずいしんいんで体験させてもらいます。

菊野大明神

菊野大明神は悪縁を断ち、良縁を結ぶと言われています
浄土宗清水山洗心院法雲寺
京都府京都市河原町の法雲寺。良縁は結び、悪縁は切る、御縁祈願の神様「菊野大明神」が祀られている歴史ある由緒正しきお寺。

スタート地点は
室町時代に創建された
法雲寺の境内に祀られている
菊野大明神です。

ここには小野小町にまつわる
悲しい話が残されています。

平安時代、
絶世の美女といわれた小野小町
恋心を抱く人物の一人に
深草少将という人物がいました。

深草少将(国立国会図書館所蔵)

ある時、深草少将小野小町
愛を告白します。

すると小野小町
「百夜、私のもとに通い続けてくれたら
愛を受け入れましょう」

言ったそうです。

それ以来、深草少将は一日も休まず
小野小町のもとに通い続けます。

99日通った深草少将
100日目の夜
大雪に見舞われ道中で倒れ
死んでしまい、
結局二人の恋は実らなかったのです。

なんて悲しい話…。

99日通った深草少将
道中で腰をかけて休んだという石が
こちらでご神体として
祀られています。

ちなみに深草少将は伝説上の人物で、
実際には僧正遍昭か
大納言義平の子義宣ではないかと
言われてます。

天気が良く、散歩やジョギングをされている方が大勢いました

この日は本当にいい天気!
快晴の空のもと鴨川沿いを歩きます。

次は小野小町ではなく
小野篁おののたかむらという人物が祀られている
お寺を参拝します。

六道珍皇寺の山門

六道珍皇寺

六道珍皇寺の本堂
大椿山 六道珍皇寺 公式サイト
六道珍皇寺の公式サイトです。六道珍皇寺は「六道さん」の名で親しまれ、お盆の精霊迎えに参詣する寺として知られています。平安時代以前に建立され、冥府を行き来したと伝えられる小野篁卿 所縁(ゆかり)の寺院です。

六道珍皇寺は平安時代初期に
創建されました。
六道とは、
地獄道
餓鬼道
畜生道
修羅道
人道
天道の
六つの世界を意味します。

「熊野観心十界曼荼羅」
人の生と死が描かれています

ここ六道珍皇寺
その六道の分岐点で、
あの世とこの世の境に
建立されたということなのです。

ここに祀られている小野篁おののたかむら
小野小町の祖父、
もしくは叔父ではないかと
いわれています。

小野篁は大変有能な人物で
平安時代初期に
嵯峨天皇を始め
三代続けて天皇に仕えました。

小野篁像

そしてのもう一つの顔は
閻魔大王に仕える
役人でもあったのです。

昼は朝廷で働き
夜になるとこの六道珍皇寺の井戸から
地獄に通っていたといわれています。

境内には地獄に行く井戸と
現世に戻ってくる井戸が
残されています。

「冥土通いの井戸」
「黄泉がえりの井戸」

はこの井戸を通じて
あの世とこの世を
行き来していたそうです。

六道珍皇寺から
さらに南へ3キロ。

河田
河田

小野小町は世界三大美女のひとりと言われているけど、あとふたりは誰か知ってる?

くっすん
くっすん

はい、吉永小百合さんと森光子さんですよね。

河田
河田

全然違うよ!

やって来たのは
世界三大美女の一人
楊貴妃ゆかりのお寺です。

泉湧寺

【公式】皇室御香華院 御寺 泉涌寺 – 京都東山 御寺 泉涌寺の公式WEBサイトです

楊貴妃の死後に
中国でその死を悼み
つくられた仏像が
1230年ごろ日本にやってきました。

その仏像が
江戸時代に入ってから
楊貴妃観音像と呼ばれ始め
多くの信仰を集めたそうです。

楊貴妃観音
その名にふさわしくとても美しい顔立ちです

以前は長い間
秘仏だったということで
保存状態がとても良いそうです。

現在は美人祈願に訪れる方が
多いのだそうですよ。

泉湧寺を出てさらに南へ向かいます。

京都市東山区から山科区へは
最短ルートの山越えです。
これがけっこう大変でした~。

東山区と山科区の間を南北に山が連なっていて、それを越えるのが最短ルートです
急な坂道が続きます
無事に山を越えて住宅地に入りました

山を越えてしばらく歩くと、
おばあさんが自動販売機で買った
ドリンクを取り出すことができずに
困っていました。

取り出し口のプレートが変形していて、ドリンクが取り出しにくい状態でした
無事にドリンクを取り出すことができて良かったです

ドリンクを無事に取り出すことができ
おばあさんも喜んでくれました!
いや~、よかった、よかった。

歩いているといろんな出会いがありますね。

時刻はそろそろ正午、
この界隈で有名な
うどん屋さんがあるということなので
そこで昼食をいただくことにしました。

うどん村
スタミナうどん(700円)
コストパフォーマンス抜群です


超具だくさんなスタミナうどん!
麺はもちもちで食べ応え満点でした。

さあ、いよいよ今回の修行場
隨心院が見えてきました。

隨心院

991年創建の隨心院
宮仕えを終えた小野小町
余生を過ごした寺とされています。

過去に「西国三十三所巡礼編」
隨心院を訪れています↓

小野小町ゆかりのお寺ということですが、
実は百人一首で有名なあの歌は
ここで詠まれたそうです。

花の色は
移りにけりないたづらに
わが身世にふる
ながめせし間に
境内に大きな歌碑があります

そして本堂には
とても華やかな屏風が!

一際目を引くピンク色の屏風
小野小町の一生を屏風に表現しているそうです

これはだるま商店という二人組の
現代アーティストの作品です。
CGと筆などを使い
昔の絵をポップに仕上げています。

だるま商店 京都の絵描きユニット
京都在住の日本を愛する絵描きユニットだるま商店のWEBサイト。神社仏閣、曼荼羅、友禅、伝統工芸・芸能などの図案などはじめ、パリのメゾン、ハリウッド、よしもと、ホテルなどの絵を担当している。

さあ、いよいよ今回の修行写仏です。

お庭が見える静かな部屋で写仏を行います

一般的な写仏
その名の通り仏さまの姿を
描き写すというものなのですが、
隨心院では特別に
小野小町を描くことができます。

小野小町の絵の上に半紙を重ねてなぞっていきます

隨心院での写仏は
身口意しんくいといい
体、口、心を清めるという意味があります。

小野小町の絵の上に
半紙を置いてその姿を描くのですが、
繊細な細い筆で描くので
思った以上に難しいです。

くっすんは1時間、
私河田は1時間30分かけて
小野小町写仏
完成させました。

いつの間にか外は真っ暗です
左が私河田、右がくっすんが描いた小野小町

描いている間は
おのずと筆と半紙に集中し
時間が経つのがあっという間でした。

日常生活では
いろんな情報が溢れかえり
めまぐるしく物事が進んでいきます。

そんな日常から少し距離をおき
一心不乱に描く時間を持つ。
体験してみてとても有意義だったし
気持ちをリセットすることが
できたように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました