【戒壇巡り|関善光寺】日本修行場めぐり(岐阜県関市)

日本修行場めぐり

今回の修行は関善光寺せきぜんこうじでの
戒壇巡りです。

戒壇巡りとは
真っ暗な回廊を歩き
その恐怖に打ち勝つ修行だそうです。

迫間不動尊

雨の中スタートします
修験者の修行の場になっている迫間不動尊

スタート地点は
岐阜県関市の迫間はさま不動尊

標高309メートルの迫間山の
中腹にある修験者の修行の場です。

しとしとと雨が降る中
山を下り約3キロ歩くと
のどかな田園風景が広がります。

のどかな景色の中歩きます

この辺りに凧揚げの
世界チャンピオンが
いらっしゃるということを聞きつけ
その方に会いに行きました。

凧義の小屋

凧義の小屋

和凧職人の小川義明さん。

小川さんはこちらの工房で
絵を描き組み立て
全工程をひとりで行います。

筆で丁寧に描いていく小川さん

ちなみに凧揚げは
平安時代に中国から伝わったとされ
江戸時代には庶民の間で
人気の娯楽となりました。

江戸時代から凧揚げは庶民の楽しみでした(国立国会図書館所蔵)

そんな伝統を引き継ぐ小川さんは
毎年世界各国で開催される
凧揚げ大会で
なんと優勝した実績を
お持ちなんです!

凧を勢いよくあげる小川さん

和凧の魅力を後世に伝えたいと
今も工房で凧作りに
励んでいらっしゃいます。

雨が降る中
さらに北に向かって歩き続け
そろそろお昼ごはんの時間です。

「茶茶茶」で昼食をいただきます

道中でみつけたこちらのお店で
昼食をいただきます。

「いただきまーす」
味噌カツ定食(750円)
衣はさくさくでお肉はとても柔らかくジューシーでした

名古屋を中心に東海圏で
よく食べられる名物の味噌カツ

元々は戦後間もない頃、
どて鍋に串カツを浸して食べたのが
ルーツだと言われています。

美味しい味噌カツをいただいて大満足!

さらに続く
のどかな風景の中を歩きます。

やってきたのは
大変趣のあるこちらのお寺です。

目の前にお寺の山門が見えてきました

天徳寺

天徳寺の本堂
天徳寺 円空仏
岐阜県関市にある曹洞宗寺院、天徳寺ホームページへようこそお越しくださいました。(円空仏がいるお寺)

天徳寺は室町時代創建の
曹洞宗のお寺です。

こちらには円空という
とても有名なお坊さんが
彫った仏像が祀られています。

円空仏を拝ませていただきました
天徳寺には二体の円空仏が安置されています

円空は全国を旅してまわり、
訪れた場所で仏像を彫っては
そこに住む人たちに
その仏像をあげたそうです。

64年の生涯で
12万体の仏像を彫ったといわれ
そのうち約5000体が
現存しています。

とても優しくて温かみのある表情です

円空の仏像は
荒々しく生命力があふれ
円空仏と呼ばれます。

円空仏にパワーをもらい
さらに歩き続けます。
修行場の関善光寺まで後ちょっとです。

下校中の地元の小学生たちとしばらく一緒に歩きました
いよいよ関善光寺です

関善光寺

関善光寺の本堂
岐阜県関市の安産祈願、子授け祈願、厄除け祈願、水子供養 - 関善光寺(宗休寺)
関善光寺(宗休寺)は岐阜県関市で安産祈願、子授け祈願、厄除け祈願、水子供養、先祖供養など執り行っております。平成25年11月に関市で初めて宗旨宗派を問わない納骨堂「観音霊廟」が完成しました。

関善光寺は1753年に創建された
天台宗のお寺です。

お寺の正式な名称は
宗休寺ですが、
長野県の善光寺を模して
本堂を建てたことから
関善光寺と呼ばれるようになりました。

こちらで体験させていただく戒壇巡りとは
本堂の下につくられた
真っ暗な地下回廊を歩き
恐怖に打ち勝つというものです。

本堂の下に地下回廊が設けられています

そして御本尊の真下には
鉄の錠前があり、
その錠前に触ることで
罪を清め
死後の極楽浄土行きを
御本尊と約束することが
できるのです。

ご住職に戒壇巡りについて教えていただきます
住職
住職

暗闇で前に進めなくなった時は「南無阿弥陀仏」と唱えてください。回廊から出てこられた時、きっと生まれ変わることができています。

河田
河田

この戒壇巡りで生まれ変わることができるんですね

くっすん
くっすん

僕は生まれ変わって、もっとコメント力のあるタレントになりたいです!

関善光寺の地下回廊は卍型で
全長は49メートル、
一度入ると出てくるのに
約5分かかります。

河「お先にどうぞ」く「…え?僕が先行くんですか?」

静かに階段を下り
回廊を進みます。

中は真っ暗、全く光がありません。
壁に取り付けられている
綱を頼りにゆっくり進みます。

真っ暗でなかなか先に進むことができません
くっすん
くっすん

はぁ~はぁ~、暗い~、見えへん~、恐い~

河田
河田

くっすん静かにしてよ、修行なんだから

くっすん
くっすん

ひゃーーー!!!

突然絶叫するくっすん
河田
河田

なに!?どうしたん!?

くっすん
くっすん

なにもありませんでした~、気のせいでした~涙

戒壇巡り
黙って行うのが基本です。

手探りで進んでいくと
ようやく錠前にたどり着きました。

錠前は写すことができませんので加工して隠しています

この錠前に触れると
願い事が叶うとも言われています。

しっかりと願い事をして
出口を目指しさらに進みます。

くっすんがあまりにも遅いので
先に行くことにしました。

くっすんを待っていたら埒があかないので先にいきます
くっすん
くっすん

河田さん、どこ!?どこ!?いや~~!南無阿弥陀仏…南無阿弥陀仏…

繰り返しになりますが
戒壇巡り
黙って行うのが基本です。

手探りで進んでいくと
先に光が見えてきました。
そしてようやく出口です。

無事に戻ってくることができました
戻ってきてほっとした表情のくっすん

結局私とくっすんは
約6分間戒壇巡りをしていたのですが、
30分ぐらい回廊にいたのではないか
というほどかなり長く感じました。

戒壇巡りの最中は、
真っ暗闇ではいかに自分が無力かを感じ、
錠前を見つけて触った時には
真上にいらっしゃる御本尊と
つながることができたような気がして
ちょっとほっとしたのが印象的でした。

また、出口から元の場所に戻ってきた時には
辺りが明るくて全てを見ることができることに
感謝の気持ちを持つこともできました。

感じ方は人それぞれですが、
何かを感じ取ることに
戒壇巡りの意味があるのかもしれません。

「ありがとうございました」

ちなみにくっすんに
感想を聞いてみると…

くっすん
くっすん

いや~真っ暗で恐かったですねー

今回は生まれ変わって
コメント力アップ、とまでは
いかなかったようです。
引き続き修行がんばりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました