西国三十三所巡礼

西国三十三所巡礼の旅。毎回札所を目指して約20キロを歩き様々な寺院や神社などを訪れ、昔の人たちの足跡をご紹介します。

西国三十三所巡礼

【西国三十三所巡礼(まとめ)|満願】

昔の人は偉かった、西国三十三所巡礼シリーズのまとめです。ランダムではありましたが三十三の札所と番外札所三か所を無事参拝することができました。また、西国三十三所巡礼草創1300年という節目を迎え、様々な特別企画も開催されています。
西国三十三所巡礼

【長谷寺、法起院】西国三十三所・第八番札所、番外札所(奈良県桜井市)

スタート地点は奈良県桜井市の安倍文殊院。日本三文殊のひとつに数えられています。相撲の祖、当麻蹴速と野見宿禰ゆかりの十二柱神社、西国三十三所巡礼番外札所の法起院を経て、第八番札所の長谷寺へ。399段の登廊を上り本堂に無事到着しました。
西国三十三所巡礼

【華厳寺】西国三十三所・第三十三番札所(岐阜県揖斐川町)

関ヶ原の合戦で徳川家康が陣を構えた安楽寺から歩き始めます。中山道を北上し赤坂宿へ。観音像がここから谷汲山へ歩き出すという不思議な逸話が残っています。スタート地点から約21キロ歩いて華厳寺に到着。大変貴重な花山法皇の笈摺と杖を見せていただくことができました。
西国三十三所巡礼

【園城寺(三井寺)、上醍醐准胝堂(醍醐寺)】西国三十三所・第十四番札所、第十一番札所(大津市、京都市)

今回は札所二か所を訪れる旅です。和田神社から歩き始め、石場の渡しへ。琵琶湖の東側に矢橋の渡しがあり昔の旅人は船で往来していました。しかし風が強く危険なことから「急がば回れ」という言葉が生まれました。三井寺からは小関峠を越えて醍醐寺へ。桜満開でした。
西国三十三所巡礼

【正法寺(岩間寺)】西国三十三所・第十二番札所(大津市)

歴史好きなら一度は訪れてみたい(?)京都伏見の寺田屋から歩き始めました。萬福寺は隠元禅師が建立したお寺で、木魚のルーツがありました。そしてそのそばの宝蔵院は、初めて組織的に印刷が行われた場所なんだそうです。ゴールの岩間寺にはあの俳人も訪れていました。
西国三十三所巡礼

【観音正寺、長命寺】西国三十三所・第三十二番札所、第三十一番札所(滋賀県近江八幡市)

滋賀県近江八幡市を歩く旅、スタートは観音正寺でゴールは長命寺です。どちらも聖徳太子が600年代前半に建立しました。観音正寺から安土城跡を経由して西の湖へ。西の湖は船に乗って湖を横断。最後は808段の石段を上り長命寺に到着しました。
西国三十三所巡礼

【三室戸寺】西国三十三所巡礼・第十番札所(京都府宇治市)

梅雨の最中にあじさいの名所としても有名な三室戸寺まで歩きました。スタート地点は木津川で、道中で蛍を発見!スタッフ一同思わずテンション上がってしまいました。三室戸寺に到着して、見頃を迎えた色とりどりのあじさいに出迎えてもらった気分を味わいました。
西国三十三所巡礼

【宝厳寺】西国三十三所・第三十番札所(滋賀県竹生島)

西国三十三所巡礼で唯一孤島にある札所が宝厳寺です。彦根から船で竹生島に渡ります。昔の人たちは一苦労だったのではないでしょうか。宝厳寺の唐門は大阪城の極楽橋を移築したもの。この大きな建造物を島に移築させるとは…昔の人は本当に偉いなぁと思ってしまいます。
西国三十三所巡礼

【施福寺】西国三十三所・第四番札所(大阪府和泉市)

和歌山県紀の川市の名手宿本陣を出発し、西国巡礼一過酷な道のりと言われている施福寺へ。この日は雨も降っていて二人とも大苦戦。最後の難所三国山は登りに5時間、下りに2時間半かかりました。
西国三十三所巡礼

【善峯寺】西国三十三所・第二十番札所(京都市)

大覚寺をスタートしまず車折神社で参拝。芸能関係にご利益があると有名な神社で、私河田とくっすんも玉垣を奉納しました。さらに鈴虫寺では草鞋を履いたお地蔵さまに手を合わせ、ゴールの善峯寺へ。全長40メートル、樹齢600年の遊龍の松に感動しました!
タイトルとURLをコピーしました