【岩窟巡り|磐船神社】日本修行場めぐり(大阪府交野市)

日本修行場めぐり

この日のスタート地点
奈良県の生駒山
暴風雨!

ビニール傘が吹っ飛びそうです~

暴風雨の中出発します

今回は生駒山上遊園地から
生駒山を下り、
大阪府交野市の
磐船神社まで歩きます。

磐船神社岩窟巡り
体験させてもらうのですが
一体どんな修行なのでしょうか?

生駒山上遊園地

スタート地点は生駒山上遊園地
公式HP「生駒山上遊園地」子どもと安心して楽しめる遊園地

生駒山上遊園地
1929年(昭和4年)に開業。

ファミリー層に人気の遊園地で
生駒山の山頂にあり
景色が抜群!
この日は残念ながら
なーんにも見えませんが…。

晴れた日は大阪まで見渡すことができます

そして嬉しいのが
入園料が無料!!
アトラクションも
1回300円~500円と
超リーズナブル~!

生駒山上遊園地
近鉄レジャーサービスが運営していて、
他にもパルケエスパーニャ
ホテル志摩スペイン村
信貴生駒スカイライン
東大阪市花園ラグビー場なども
運営しています。

ここから生駒山を下ります。

雨で足下が滑りやすいので慎重に下っていきます

生駒山は標高642メートル、
奈良と大阪の県境にあります。

そして修験道の開祖役行者えんのぎょうじゃ
この生駒山で修行したと
言われています。

そしてこんな伝説も…

この辺りに住みついていた
2匹の鬼が村の子どもたちを
連れ去ったそうです。

困り果てた村人たちは
役行者えんのぎょうじゃに相談しました。

すると役行者えんのぎょうじゃ
なんと同じように
鬼の子を連れ去ったのです。

それを知った鬼たちは
とても悲しんで
もう二度と悪事を働かないと
役行者えんのぎょうじゃに約束したそうです。

それ以来2匹の鬼は
役行者えんのぎょうじゃの弟子となり
一緒に旅に出て
前鬼、後鬼と
呼ばれるようになりました。

そのため役行者像の多くに
鬼も一緒に彫られているのです。

役行者と前鬼、後鬼

雨でぬかるんだ山道を下るのは
大変です。

河田
河田

疲れた~!特にヒザがしんどいなー

くっすん
くっすん

そうですねぇ、僕もヒザが踊ってますよ~

河田
河田

それを言うなら「ヒザが笑う」だよね

昔は今のように軽くて丈夫な
ビニール傘なんてありませんから、
雨の中の旅は
苦労したでしょうねぇ。

生駒市内を歩いていると
そろそろランチタイムです。

生駒市内を歩きます
「すぐ近所によく若者が並んでるラーメン屋さんがあるわよ」とおしえてくれた奥さま

地元の奥さまが
この近くに行列ができる
ラーメン屋さんがあると
おしえてくれたので、
せっかくなので
そちらで昼食を
いただくことにしました。

「らぁめんトリカヂイッパイ」

こちらの
らぁめんトリカヂイッパイ
「ミシュランガイド奈良2017特別版」に
掲載されたそうです。

「いただきまーす」
味噌らぁめん+味玉(1070円)

自家製麺はつるつるでコシがあり
鶏ガラベースのスープに
よくからみます。

冷えた体が
温まりました。

昼食をいただいて
元気をとりもどし
引き続き歩きます。

のどかな住宅地が広がります

生駒市から
四條畷市に入りました。

これからあるお寺に
お邪魔するのですが、
大勢の人たちが
お寺のある物に
勇気づけられていると
評判になっているそうですよ。

住宅地の真ん中にあるお寺です

そのお寺が正傳寺しょうでんじです。

正傳寺

正傳寺の本堂
融通念佛宗 正傳寺
大阪府四條畷市上田原にある、融通念佛宗正傳寺は四季折々の季節感に溢れる大自然に包まれたお寺です。 人々が豊かな心を持ち、平穏な日々を過ごすことが出来るように、また現代社会で暮らす人々の心の悩みやストレスを少しでも癒すことのできるようなお寺でありたいと考え、皆様にとって身近な、困っている方がいつでも訪ねてきて頂けるような...

正傳寺しょうでんじの廊下には
ご住職がお札にしたためた言葉が
掲示されています。

廊下の壁のたくさんのお札が

実はこのお札を
見にくる参拝者が大勢いて
みなさん勇気づけられているようです。

私河田とくっすんもお札に書かれたメッセージの数々に惹きつけられました

中にはこの廊下で1時間以上
過ごす人もいたり、
お札を見ながら
涙ぐむ人もいるとのこと。

私もくっすんも
ご住職が書く言葉に
勇気づけられました。

正傳寺しょうでんじを出て
雨の中さらに
2キロほど歩き
交野市の磐船神社
到着です。

磐船神社

磐船神社に到着です
磐船神社

磐船神社
古墳時代以前に創建されたという
大変長い歴史がある神社です。

こちらでお祀りされているのが
天磐船あめのいわふねという大きな岩です。

ご神体の天磐船は縦と横が約12メートルあります

その昔、
祈祷の祖といわれる
饒速日命にぎはやひのみことという神様が、
この天磐船あめのいわふねに乗って
降りてこられたそうです。

ここ磐船神社には
ご神体以外にも多くの
巨大な岩があります。

今回の修行、岩窟巡り
その岩と岩の隙間を
通り抜けて行くというもの。

昔は修験者の修行場で、
岩と岩の隙間に籠もり
修行したのです。

白たすきと草履は社務所で借りることができます

我々も白たすきを掛け
草履を履きいよいよ
鳥居をくぐります。

雨で湿った岩の上を
慎重に進んで行きます。
中に入って驚いたのが
岩が思っていた以上に大きく
そして数が多いこと!

大きな岩と岩が絶妙なバランスで支え合っています
岩が濡れているので滑りやすいです

もちろん大昔から
岩が自然この姿を形成したのですが
それにしても不思議な風景です。

岩窟巡りの行程は
全長約300メートルで、
中には広くて隙間から
日が差し込む場所もあれば、
とても狭くて
人ひとりがなんとか通れる
場所もあります。

かなり狭い隙間をなんとか通ります

楽だったり苦しかったり、
これは人生そのものを
表しているということです。

ここを通り抜け
自分の人生を見つめ直し
新しい自分に生まれ変わることを
目指します。

進むこと約20分、
最大の難所にやってきました。

狭いし暗いし先が見えません

この隙間を通ります。
狭すぎて
先が見えないため
進むのがとても恐いです。

少しずつ滑るように進みます
くっすんも続きますが…
くっすん
くっすん

ぎゃーー!!

河田
河田

どうした!?

くっすん
くっすん

足がつった!痛い!足が~~!

岩と岩の隙間で足がつってしまい、にっちもさっちもいかない状態になっています

普段使わない筋肉を使い
神経を集中させながら前進します。

そして30分以上かけて
やっとの思いで
岩窟を抜けることがでしました!

約30分で岩窟を抜けることができました

外に出ると
大きな開放感に包まれます。

そして改めて
我々は自然の中で
生かしてもらっているんだなあと
思いました。

コメント

  1. 姫路のぷろ より:

    河田さん、ご多用の中、書き留めてくださりありがとうございます。
    終わってからでもインターネット上に記録するのは、河田&くっすんコンビだけの思い出に終わらず、スタッフさんや桂南天さん、そして視聴者それぞれの記憶と照らし合わせて、みんなの共有の思い出になります。
    今のIT技術が続く限りは何年経っても、ふと「むかえらのアレなんやったっけ?」を検索して、こちらで答え合わせができると、嬉しい限りです。
    ということでむらえら記録全クリできるまで、長生きしてください。(長寿コーナーだったので)
    手ぇ抜いたらアカンで~!

タイトルとURLをコピーしました