【水行|本昌寺】日本修行場めぐり(京都市)

日本修行場めぐり

「修行」という言葉を
辞書で調べてみました。

悟りをめざして
心身浄化を習い修めること

仏道に努めること

托鉢して歩くこと

学問や技芸を磨くため
努力して学ぶこと

などと書かれています。

昔から日本各地で
様々な修行が行われ、
それが今も受け継がれています。

このシリーズでは
「日本修行場めぐり」と題し、
修行場まで歩きながら
道中で様々な歴史にふれ、
そして実際に修行を体験し
感じたことを
皆さんにお伝えします。

基本的にここで紹介する修行は
希望すれば誰でも
申し込むことができます。

今回は京都市の本昌寺水行です。
この日は気温が13度、
寒そう~~

鞍馬寺

歩き始める場所は
京都市内の鞍馬寺です。

鞍馬寺といえば
あの牛若丸が7歳から10年間、
仏道修行、剣術修行を
行ったとされる場所。

剣術修行の相手は
天狗だったという伝説も
残っています。

東京国立博物館所蔵

鞍馬寺から約5キロ歩いてきました。
ここまでは下り坂だったので
比較的楽でした。

見えてきたのは
「京都産業大学総合グラウンド」
書かれたのぼりです。

京都産業大学総合グラウンド

京産大馬術部
大変長い歴史があるそうです。
見学させてもらえるということなので
お邪魔します。

創部は京産大が開学した1965年。
全国大会で優勝したこともある
名門クラブです。

ここの馬術部に入りたくて
京産大を目指す生徒さんも
多いそうですよ。

ちなみに上賀茂神社の神馬を
神事の時以外は京産大が
お世話しています。

上賀茂神社の神馬

そして馬術部の部室で
大切に保管されているある物を
特別に見せていただきました。

とても年季の入った鞍です
よく見ると円形の金具には「HERMES」の文字が刻まれています

日本馬術の創始者、
遊佐幸平さんが
1928年のアムステルダム五輪
出場した時に
このエルメスの鞍を購入し
それ以降愛用されていました。

それを京産大馬術部初代監督が譲り受け
今も大切に保管されているのです。

これからも
京産大馬術部の皆さんの活躍を
お祈りしています!

馬と意思疎通をして見事に乗りこなす馬術部員

坂道を下り
閑静な住宅地を歩いていると
こんな石碑を発見しました。

牛若丸生誕の地

牛若丸出生地の石碑

ここは牛若丸
生まれた場所とされています。

さらに石碑の裏には井戸があり
牛若丸が生まれた時に
この井戸の水を汲んで
産湯として使ったと
伝えられているのです。

この石碑は
私有地の中にありますので
無断で入ることはできません。
ご注意ください。

時刻はそろそろお昼時。
この辺りで有名な
中華料理店の前を
ちょうど通るので
昼食をいただくことにしました。

中華のサカイ

人気店で休日には店頭に行列ができるそうです
中華のサカイ本店 / TOPページ

昭和14年創業の老舗
中華のサカイ
名物はこの冷めんです。

冷めん定食をいただきます
冷めん(焼豚入り)790円(単品)

麺は太麺でもちもちとした食感。
タレは胡麻だれの甘みに
少しからしが効いていているのですが
このバランスが最高です。

この冷めんを目当てに一年中
多くのファンが通うそうですが
それも納得です。

京都市内をさらに南へ歩きます。

次は大変貴重な仏像が安置されている
こちらのお寺を参拝させてもらいます。

千本釈迦堂大報恩寺

境内にある霊宝殿
トップページ|千本釈迦堂 大報恩寺
大報恩寺は、鎌倉時代の承久3年(1221)に義空が開いた真言宗智山派の仏教寺院で、千本釈迦堂とも称される長い歴史を持つ由緒あるお寺です。安貞元年(1227)に建立された本堂は、幾多の戦火を免れ、800年近く経った今も当時のまま残る京都市内(京洛)最古の木造建造物として国宝に指定されています。

霊宝殿には数多くの
貴重な仏像があるのですが
一際目を引くのが十大弟子像
快慶の作品です。

お釈迦様には
約1250人の弟子がいるのですが、
その中の主要な10人です。
とても表情豊かですよね。

この十大弟子
獣がいる山中で21日間
座禅修行をするなど
大変厳しい修行をされたそうです。

十大弟子のひとり目犍連(もくけんれん)
くっすん
くっすん

このマッケンローさん、桂南光さんに似てますよね!

河田
河田

マッケンローさんじゃなくて、目犍連もくけんれんさんね。
たしかに南光さんにちょっと似てるね。

ちなみに目犍連もくけんれん
釈迦の教えに従い
餓鬼道に落ちた
亡くなった母親を助けました。

これが盂蘭盆会うらぼんえ=お盆
起源になっているそうです。

大報恩寺を後にし
約15分歩くと
いよいよ今回の修行場が
見えてきました。

本昌寺

本昌寺の本堂
日蓮宗 長壽山 本昌寺(ほんしょうじ)|京都市上京区の二条駅・円町駅が最寄り
日蓮宗 長壽山 本昌寺の公式ホームページです。京都市上京区の二条駅・円町駅が最寄りのお寺です。永代供養,祈祷,水行,仏前結婚式などご相談ください。

今から約700年前の鎌倉時代、
日蓮聖人から教えを広めることを
託された日像上人は、
布教の成功を祈り
鎌倉の由比ヶ浜に
100日間つかり読経しました。

日像上人像

それが現代にも伝えられ、
1日7回の水行
お堂での読経を
100日間続ける百日大荒行
行われています。

その百日大荒行の水行
今回は体験させてもらいます。

水行とは
ふんどし姿になり
自ら手桶で水をかぶり
身を清める修行。

まずは片手で水をすくい
胸元にかけて
体をならします。

河田
河田

つ、つめたい〜~!

住職
住職

「冷たい」とか言わない!

くっすん
くっすん

うあ~~~~ん!!涙

住職
住職

泣かない!

ご住職に叱咤されながら
いよいよ本番です。

気温13度、
水はかなり冷たく感じますが
覚悟を決めて
手桶で水を汲みます。

住職が唱える
水行肝文すいぎょうかんもんという経文に合わせて
手桶で水を汲み
首の後ろに勢いよくかける、
これを繰り返します。

住職
住職

澡浴塵穢そうよくじんえ 箸新浄衣ちゃくしんじょうえ 
内外倶浄ないげぐじょう 安処法座あんじょうほうざ

手桶で水を汲んで…
構えて…
頭上からかける!

あれ!?
ちょっと待って、
くっすん、ちゃんとやってる?

違う角度から見てみると…

全然水かかってないやん!

ご住職に怒られ
ここからは心を入れ替え
しっかりがんばりました。

修行は
ご住職の合図があるまで続けます。

冷たい水が
頭から背中を通って足元まで。
全身が凍りつくような寒さです。

ご住職の声を聞きながら
無心で続けました。

そうすると
不思議なことに
徐々に体が水の冷たさを
受け入れるような感覚に。

数分間続けて
ご住職の合図で
修行は終了です。

この水行は一年中行われています。

人間どうしても楽な方を
選んでしまいがちですよね。

でもこの水行は
辛いとわかっていながら
自ら繰り返し冷たい水をかぶる
というところに
大きな意味があるのだと感じました。

常時一般の方の体験は受付中で、
就職、結婚、出産など
人生の節目で体験される方多いそうです。

水行の後、ご祈祷してもらいます
本昌寺のご朱印

コメント

タイトルとURLをコピーしました