【座禅|萬福寺】日本修行場めぐり(京都府宇治市)

日本修行場めぐり

修行といえば座禅
連想する方が
多いのではないでしょうか?

今回は京都市東山区から
宇治市にかけて約12キロ歩き、
萬福寺
座禅をさせてもらいます。

ちなみに萬福寺
以前西国三十三所巡礼編
正法寺(岩間寺)に行った時に
道中で訪れています。

木魚の原型があり
そのお話は
とても興味深かったです。

即宗院

即宗院 Official Website
臨済宗東福寺派、大本山東福寺塔 即宗院。嘉慶元年(1387)九州薩摩藩島津氏久公が、剛中玄柔禅師(東福寺第54世住持)を開山として建立。薩摩藩の菩提寺 で氏久公の法名「齢岳玄久即宗院」から寺名とした。

スタート地点の即宗院
東福寺塔頭たっちゅうです。

塔頭たっちゅうとは
大きなお寺の境内にある
小寺院のことです。
脇寺とも言います。

即宗院の本堂

この即宗院には
大変貴重な掛け軸があり
普段は非公開ですが
特別に見せていただけることに
なりました!

その掛け軸がこちら。

とても立派な掛け軸です

明治維新の立役者の一人、
あの西郷隆盛が書いた詩です。

西郷隆盛(1828~1877)国立国会図書館所蔵

この掛け軸には
こんな物語があります。

1868年明治時代が幕を開けます。
西郷隆盛
新政府の要職に就きますが
意見が対立し
1873年に辞職、
故郷の鹿児島に帰ります。

帰郷すると決して生活は
楽ではない隆盛を気遣って
勝海舟が隆盛に詩を書かせて
それを買い取りました。

きっと隆盛は資金援助を
受け付けないだろうと思い
海舟はこのような方法で
サポートしたのです。

西郷隆盛勝海舟
二人は元々新政府軍と
旧幕府軍で対立していた関係です。

勝海舟(1823~1899)国立国会図書館所蔵

しかし
江戸城無血開城にむけての
会談などを通じ
友情が芽生えたのでしょうか。
海舟の素晴らしい気遣いですね。

即宗院を出て南の方角へ
約2キロ歩いてきました。

人通りが増えて
辺りが賑やかに
なってきましたよ。

ここは大勢の観光客が訪れる
伏見稲荷大社です。

伏見稲荷大社

大勢の参拝客で賑わう伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
1300年にわたって、人々の信仰を集め続ける「お稲荷さん」の総本宮 伏見稲荷大社の公式ホームページ

ここ伏見稲荷の参道には
多くの商店が軒を連ねていますが
その中に、昔から食されている
ちょっと珍しい名物があります。

稲福(創業1923年)

それはなんと、
すずめの丸焼き

稲荷大社名物すずめの丸焼き

伏見稲荷大社
五穀豊穣の神様を祀っています。

その五穀を食べ尽くすすずめを
懲らしめるために
すずめを食べる風習が
生まれたそうです。

1923年に創業の稲福さんでも
昔からこのすずめの丸焼きを
提供しています。

許可をいただき特別に店先でいただきます
炭火で焼かれるすずめは食欲をそそる香りがします

食べてみると
レバーのような濃厚な味わいで
骨は噛むとパリパリと音がし
とても良い食感です。
ごちそうさまでした!

伏見稲荷からさらに南へ。
伏見桃山駅を通り過ぎると
のどかな景色が広がります。

すると覆いがかぶさった畑を
発見しました。

覆いがかぶされた茶畑

京都宇治茶房山本甚次郎農園

宇治といえば
宇治茶が有名ですよね。

ここではその宇治茶を
生産しているのですが、
昔ながらの栽培方法に
こだわっているそうです。

茶畑の上に
よしずと藁を被せて直射日光を防ぎ
その中で新芽を育てる栽培方法を
本簀被覆ほんずひふくといいます。

昔ながらの手法でよしずと藁が使用されています
よしずと藁の隙間からわずかに光が差し込みます

元々は室町時代に
霜を防ぐ目的で
よしずと藁を使い
茶畑を覆ったのですが、
そうすると
不思議とお茶が
美味しくなるということに
昔の人たちが気付いたそうです。

一般的には扱いが簡単なので
黒い化学繊維の幕を
使うのですが、

多くの茶畑で使用される化学繊維の幕

近代の研究では
化学繊維の幕より
よしずと藁を使った方が
うまみ成分等が
増えるということが
わかったのです。

ちなみにこちらでは
覆いをする栽培と
覆いをしない栽培の
両方があり、
それによりお茶の種類が
変わります。

覆下園(覆いをする)
抹茶、玉露、てん茶など

露天園(覆いをしない)
煎茶、番茶、ほうじ茶など

この茶畑で宇治茶を
栽培している山本さんに
水出し抹茶をいただきました。

水出しのアイス抹茶をいただきます
河田
河田

抹茶のうまみと甘みが口に広がります、味が濃くて美味しい!

くっすん
くっすん

抹茶って苦いイメージでしたが、これはまろやかで本当に美味しいです。

山本さん
山本さん

水出しにすると甘みが増すんですよ。

山本さんが
本簀被覆ほんずひふく栽培でつくったお茶は
京都宇治茶房・山本甚次郎
購入することができます。

京都宇治茶房 山本甚次郎(やまもとじんじろう)
ほんず抹茶・碾茶生産農家

山本さんとお別れして
京都市から宇治市に入り
修行場の萬福寺に到着です。

萬福寺

黄檗宗大本山萬福寺 ‐京都府宇治市
黄檗宗大本山「萬福寺」の公式サイトです。京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ黄檗宗の大本山の寺院「萬福寺」。日本では他に例が無い中国明朝様式を取り入れた禅宗伽藍建築と数々の文化財。萬福寺で体験できる禅体験や普茶料理についてもご案内しております。

今回体験させてもらう座禅
自分自身の心を見つめ直し
己の中にある仏の心に
気づくという修行です。

二人とも体が硬くて足を組んで座るのも一苦労です

座禅の途中で乱れると
警策棒で肩を打たれます。

座禅の心得を教えてもらいます

これば罰ではなく
気持ちを入れ直し
改めてがんばってもらおうという
意味で打つのだそうです。

萬福寺での座禅体験は
5分を2回行います。

では、
気持ちを落ち着けて
座禅開始です。

辺りが静まりかえり
ゆっくりと
時間が流れているように
感じます。

緩やかに呼吸をし
心を落ち着けます。

「へーーっくしゅん!!」
「げほっ、げほっ…」

座禅中に大きなくしゃみをするくっすん

びっくりしたっ!

座禅中の
くしゃみ、せき、おならなど
自然に発生する生理現象は
我慢しなくてもいい、
要するに
「出てくる物は出していい」
ということを
教えてもらっていたので
くっすんは遠慮なく
くしゃみをしたみたいです。

しかし、
その後もどうも落ち着かない
様子のくっすん。

ここでついに…

バシーンッ!
バシーンッ!
バシーンッ!
バシーンッ!

「うぅぅぅ…」とうめき声をもらしながら合掌するくっすん

警策棒がくっすんの肩を叩く音が、
堂内に響き渡ります。
かなり強く叩かれましたよ!

すると…

くっすん
くっすん

うぐぅぅぅ…、うぅ~…

くっすん
くっすん

ぉおぅぅぅ…ぐぅぅ…

河田
河田

………。

今度はくっすんの
奇妙なうめき声が
堂内に広がります。

嗚咽するくっすんと、その声が耳に入り集中できていない私河田
涙と鼻水を垂れ流すくっすん

涙もくしゃみやせきなどと
同じ自然現象の
扱いになるのでしょうか。

ここで座禅終了です。

「ありがとうございました」
くっすん
くっすん

警策棒で叩かれた時は、びっくりして痛くて泣いてしまいました。

河田
河田

うん、遠慮なく泣いて、変な声がもれていたね。

くっすん
くっすん

通常なら「おっさんなのに泣いたりして情けない」と言われてしまいますが、ここでは「我慢しなくていい、出てくる物は出していい」と言われましたので気が楽になったんです。なんだか泣いてすっきりしました。

河田
河田

普段我慢していることから解放されたということなのかなぁ。

くっすん
くっすん

なんだかデトックスした気分です!

萬福寺のご朱印

静かに心を落ち着けて座り
自分の気持ちと向き合う座禅。

よく考えると日常生活で
こんなに落ち着いて
座り続けることはありません。

とても穏やかな気持ちにさせてくれる
貴重な時間でした。

コメント

  1. たけし より:

    この回はみてれいませんでしたがこれぞくっすんというエピソードで声出して笑ってしまいました😁
    毎回ブログ楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました