【山岳修行|三佛寺】日本修行場めぐり(鳥取県三朝町)

日本修行場めぐり

日本には
絵画、工芸品、建造物などの国宝が
1131点あります。
(令和4年3月現在)

そんな中でも
「日本一危険な国宝鑑賞」
言われている
三徳山投入堂
目指します。

スタート地点は
鳥取県の三朝みささ温泉です。

三朝温泉

山陰地方屈指の温泉地、三朝温泉
河原の足湯は無料で入ることができます
三朝温泉公式サイト|三朝温泉観光協会-宿泊 日帰り温泉 観光-世界屈指のラジウム温泉|鳥取県三朝温泉ポータルサイト
世界屈指の放射能泉であり、心と身体を癒してくれる鳥取県にある三朝温泉(みささ)。高濃度のラドン含有量を誇り、三たび朝を迎えると元気になるとされています。どこか懐かしい昔ながらの湯治場の雰囲気が漂う湯の町の風情に心もなごみます。 宿泊(旅館・ホテル)、日帰り温泉、観光情報など、三朝温泉の観光情報がいっぱいです。

三朝温泉
平安時代から
庶民に愛されている温泉で、
世界屈指の高濃度ラドン温泉です。

新陳代謝が活発になり
免疫力や自然治癒力が
高まると言われています。

その昔、修験者たちは
この三朝温泉
心身を清めてから
三徳山へ向かったそうです。

温泉から歩くこと1キロ、
ある美術館にお邪魔します。

三朝バイオリン美術館

右の建物が美術館で、左の建物がバイオリン工房です
三朝バイオリン美術館|鳥取ヴァイオリン製作学校

三朝バイオリン美術館の一階は
バイオリンの製作工程がわかる
展示品が並んでいます。

一階はバイオリン製造に関する展示スペースです

中には実際に触ることが
できる物も。

くっすん
くっすん

わっ、軽い~!
ワカメぐらい軽い!

河田
河田

軽いのはわかったけど、なんか変なたとえやね

二階は広いスペースがあり
定期的にコンサートが
開かれているということです。

二階では定期的にコンサートが開催されています

地元の子どもたちも
楽しんでいるそうですよ。

三朝バイオリン美術館を出て
のどかな風景の中を
歩きます。

のどかな景色の中を歩きます

修行場がある
三徳山を登る前に腹ごしらえ。

山の麓にある谷川天狗堂
昼食にします。

谷川天狗堂

谷川天狗堂

このお店の人気メニュー、
山菜天ぷら定食を
いただきます。

「いただきます!」

この地域で採れた
山菜の揚げたて天ぷらは
歯ごたえが最高!

新鮮な山菜の風味と
柔らかい苦みが
口の中に広がります。

山菜天ぷら定食(1500円)

山菜天ぷら定食を食べて
元気になったところで
再び修行場を目指します。

まずは麓にある三佛寺へ。

三佛寺

三佛寺の本堂
三徳山三佛寺 | 三徳山三佛寺 国宝投入堂
国宝投入堂のある三徳山三佛寺公式ページです。

849年に
慈覚大師が三体の仏を
祀ったことから
三佛寺という名前が
つけられました。

投入堂までは
大変厳しい道のりのため
登山口で服装と靴のチェックを受け、
入山届に記入します。

そして輪袈裟を肩からかけます。
これはただの登山ではなく
修行で山を登っている証になります。

輪袈裟をかけて山に入ります
「六根清浄」

これで準備完了。
いよいよ三徳山に入ります。

米田さんにご指導いただきます

今回お世話になるのは
米田さんです。

河田
河田

米田さん、よろしくお願いします!

米田さん
米田さん

よろしくお願いします。

くっすん
くっすん

米田さん、例えばの話なんですけど…

くっすん
くっすん

途中で…しんどくなっちゃってぇ、どうしても無理~ってなったら先に山を下りてもいいですか?

米田さん
米田さん

駄目です。

まずは宿入橋しくいのばしを渡ります。
橋の下を流れる川が
現世と神域の境目だと
されています。

宿入橋を渡ります

橋を渡り登り始めてすぐに
役行者えんのぎょうじゃに出会いました。

役行者像

ここ三徳山
706年に修験道の開祖
役行者えんのぎょうじゃが修行場として
開きました。

険しい斜面は
木の根をつかんで
上っていきます。

こうやって
山岳修行は
自然と一体になることが
重要だということです。

米田さん
米田さん

ここからはかけ念仏と唱えながら登ります。

くっすん
くっすん

かけ念仏?

米田さん
米田さん

懴悔さんげ 懴悔さんげ 六根清浄ろっこんしょうじょう」と繰り返し大きな声で唱えることで力が湧いてきます。

日頃の行いを振り返りながら
六根(眼、耳、鼻、舌、身、意)を
清めます。

ちなみに六根清浄ろっこんしょうじょう
「どっこいしょ」の元だと
言われています。

懴~悔さんげ懴悔さんげ
六根清浄ろっこんしょうじょう~」

かけ念仏が静かな山に響きます。

米田さんが言う通り
無言で登るより
六根清浄を大きな声で
唱えた方が
楽な気がするから不思議です。

唱えながら登り続けると
大きな岩が。
ここは鎖をつかみながら
登らなくてはなりません。

鎖を使わないと登ることができないほどの急勾配
岩を登るとお堂が見えてきました

すると絶壁の上に
建物がありました。
これは安土桃山時代に
建立されたという
文殊堂です。

目の前には絶景が広がります
かなりの高さに足がすくみます

どうやって
この崖の上に
これほどの建物を
建てたのかは
わかっていません。
本当に不思議です。

そしてこの文殊堂にあがって
腰を掛けることができるのですが
ここからの眺めが
最高なんです!

ちょっと慣れてきて景色を楽しむことができました

役行者が
この三徳山に入ったころから
この景色はあまり変わっていないかも
しれませんね。

文殊堂で一息ついて
さらに山を登ります。

投入堂までの道中に
九つもの建造物があります。
その中のひとつ
観音堂が見えてきました。

観音堂

観音堂と岸壁の隙間を通ることを
胎内くぐりといい、
ここを通ることで
生まれ変わるが
できると言われています。

お堂と岩壁の間にすき間があります
合掌しながら通り抜けます

三徳山に入って約二時間、
ようやく今回の目的地
投入堂に到着です。

突如投入堂が姿を現してびっくりしました
国宝「投入堂」

断崖絶壁に
張り付くように
建っている投入堂

平安時代に
役行者えんのぎょうじゃが山の麓から
不思議な力を使って
三徳山にお堂を
投げ入れたのが
この投入堂なのだと
言い伝えられています。

伝説はさておき
実際にどうやってここまで
建材を運んだのか、
どうやって岩の上に建てたのか、
今でも全くわかっていないそうです。

苦しい思いをして
三徳山を登った者しか
たどりつくことができない
「日本一危険な国宝鑑賞」

昔から大勢の参拝客が
一目見ようと山を登る気持ちが
よくわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました