【エクアドル|キト・ガラパゴス諸島】60日間ほぼ世界一周

三か国目はエクアドルです!

ペルーの北側に隣接している国で
首都はキト
インカ帝国の首都はペルークスコでしたが
キトは第二の都市として栄えました。

キト

世界遺産に登録されているエクアドルの首都キト

エクアドル共和国
首都  キト
人口  1700万人
公用語 スペイン語
通貨  米ドル

キトの市街地は1978年に
世界遺産に登録されました。

エクアドルは赤道直下の国で
キトの中心部から約20キロ離れた赤道上に
赤道記念碑公園があります。

赤道記念碑公園のモニュメント

18世紀にフランスの科学アカデミーが測量し
ここに赤道が通っているということで
記念碑公園を造りました。
大変立派な記念碑などがあり
大勢の観光客が訪れていましたよ。

しかし!!!
近年になってGPSで調査したところ
なんと赤道が250メートルずれていることが
判明したのです!
これは大変です!

ですがエクアドルの皆さんが素晴らしいのは

「だったら間違って造ってしまった公園も
本物の赤道も両方盛り上げたらええやん!」

と言ったかどうかは知りませんが、
すでに建設した赤道記念碑公園も大切にしつつ
本物の赤道にも赤道博物館をつくり
両方観光地として維持していました。

大勢の観光客でにぎわう本物の赤道がある赤道博物館
GPSで確認された赤道。こちらが南半球。
そしてこちらが北半球だとガイドさんが説明してくれました。

そして本物の赤道がある赤道博物館では
ちょっと面白い実験を見ることができました。

台風は日本がある北半球では反時計回りで
南半球では逆の時計回りになることを
ご存知でしょうか?

この現象は地球の自転によって起こる
コリオリの力と呼ぶそうです。
そんなコリオリの力を見せてくれる
実験が行われていました。

移動式の洗面台で実験します

金色の洗面台に水をためて
北半球で栓を抜くと渦は反時計回り
洗面台を移動させて
南半球で栓を抜くと時計回り
そして赤道上で栓を抜くと
なんと渦を巻くことなく
まっすぐ水が穴に吸い込まれていくのです!

渦を巻かずにまっすぐ葉が吸い込まれていきます!

すごい!!
赤道だからできるのね!?

正直めちゃくちゃびっくりして感動しました!

しかし、コリオリの力
台風のようなもっと大規模なものに働く力で、
洗面台の水ではそのような現象は
現れないそうです。
なのでちょっとしたトリックなのでしょうね。
でもよくできてたなぁ~

そんなエクアドルの西約1000キロメートル、
大西洋に浮かぶ世界遺産の島に向かいました。
ガラパゴス諸島です。

ガラパゴス諸島

ガラパゴス諸島が見えてきました

島の成り立ちには二種類あって、
元々大陸の一部で
長い年月を経て大陸から離れて
島になる大陸島と、
海底火山の爆発などで
海底が隆起してできる海洋島です。

ガラパゴス諸島は後者の海洋島
今まで一度も大陸と
地続きになったことがない上、
大陸から1000キロも離れています。

ですから動物たちに
とってたどり着くことが非常に困難なので
島の中で動物たちが
独自の進化を遂げたのです。

キトから飛行機に乗り
ガラパゴス諸島の空の玄関口
バルトラ空港へ。
ここからは船で移動です。

バルトラ島からサンタクルス島へ。波が高くてゆれました!

ガラパゴス諸島は100以上の
島と岩礁でできているのですが
その中のメインアイランド、
サンタクルス島に到着~!

島での観光は動物たちを守るために
様々な規制があります。
ガイドさんに案内してもらうことにしました。

地元出身のガイドさんに案内してもらいます

ちょっと歩くと早速動物と遭遇!!
ガラパゴスゾウガメです!

約50歳でまだ若いというガラパゴスゾウガメ

最初にこの島にやってきたスペイン人が
このゾウガメの甲羅が馬の鞍
(スペイン語でガラパゴ)に
似ているのでそう名付けたと伝わっています。

見ている間ずっと草を食べていました

ガラパゴスゾウガメ
草や果実、木の実などを食べて
生息しています。
草を食む音がよく聞こえます。

そして海辺に行くと
群れをなしているのは
ガラパゴスウミイグアナです。

海辺にも様々な動物たちが
ガラパゴスウミイグアナ
体を重ねるように寄せ合うガラパゴスウミイグアナたち

ガラパゴスウミイグアナ
海に潜って海藻を食べます。
そして海からあがると
体温を下げないように
寄り添って暖を取るのだそうです。

その他にもたくさんの動物と
出会うことができました。

ガラパゴスペンギン
アオアシカツオドリ
ガラパゴスアシカ

そして様々な動物を見ていて気づいたのは
動物たちが人間を
全然恐れていないということです。
こっちがびっくりするぐらい
動物の方から近寄ってくるんです。

地元のガイドさんによると
「この島では動物たちは人間のことを
友達だと思っているんです」

まさにそんな感じです!

ただし島の規定で
動物には触れてはいけませんし、
2メートル以上距離を
とらなければなりません。

ですから動物から近づいてきたら
人間が離れて距離を保つ必要があります。

そしてガラパゴス諸島といえば
ダーウィンを連想する方もいるでしょう。

イギリスの自然科学者
チャールズ・ダーウィン
1835年にガラパゴス諸島にやってきます。

チャールズ・ダーウィン(1809年ー1882年)

ダーウィンは様々な動物や自然環境などを調査し
イギリスに帰国します。

その調査の中でフィンチという鳥が
島によってくちばしの形が
違うということに気付きます。
これが環境によって
生物は進化するのではないかという考えに至り
後に進化論にたどり着くのだそうです。

こちらに近寄ってくる色鮮やかなフィンチ

普段感じる人間と野生動物の関係や距離感とは
全く違うガラパゴス諸島

ガイドさんの
「動物は友達」という言葉は
言い得て妙だと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました