【ペルー|クスコ・マチュピチュ遺跡・チチカカ湖】60日間ほぼ世界一周

ハワイ島から向かった二か国目は
南米のペルーです!

首都のリマから飛行機に乗って約1時間半、
標高約3400メートルの街
クスコにやってきました。

クスコ

世界遺産の町クスコ
アンデス山脈の先住民が着ていた伝統的着貫頭衣のポンチョを着て散策します

ペルー共和国
首都  リマ
人口  3200万人
公用語 スペイン語
通貨  ソル

飛行機でいきなり高地にやってきたので
かなり体がしんどくて、
スタッフは頭痛や吐き気といった
高山病の症状が出てしまいました。

クスコの中心地にある大聖堂

クスコは1200年ごろ~1500年ごろまで栄えた
インカ帝国の首都だった街です。

インカ帝国
現在のペルーボリビアエクアドル
チリアルゼンチンにわたる
広大な土地を支配しました。

広大な土地を統治したインカ帝国
(ラテンアメリカ博物館提供)

ただ、文字、鉄器、車輪などを使う
文化や技術を持たないということが
わかっています。

これらを使わずに
どうやって領土を拡大していったのか
未だに多くの謎を残しています。

そしてクスコの市街地は1983年に
世界遺産に登録されています。

私はまだこの高度3400メートルに体が慣れず
ふらふらしていますが、
市場は活気があり
様々な食料が売買されています。

活気が溢れる市街地
路上で様々な食料が売られています

ちなみに私たち日本人にとってなじみ深い
じゃがいも、トマト、かぼちゃ、
ピーナッツ、トウガラシは
ペルー原産の野菜です。

ここクスコから目指す
次の世界遺産はマチュピチュです!
ペルーレイルという列車で向かいます。

オリャンタイタンボ駅からマチュピチュ駅まで乗車します

この列車がとても豪華で良かったです。
シートは大きくてゆったりと座ることができ
大きな窓があり景色を
楽しめるようになっていました。

列車での移動はとても快適でした
アンデスの山々とウルバンバ川

列車に揺られること1時間30分、
マチュピチュ駅に到着です!
駅は大勢の観光客で
とても賑わってましたよ。

マチュピチュ

駅の利用者のほとんどが観光客でした

マチュピチュ遺跡の麓にある
マチュピチュ村には
世界中から年間約150万人の
観光客が訪れるそうです。

村にはレストラン、ショップやホテル、
温泉施設などもあり
とても賑わっていましたよ。
遺跡のイメージとは違い
かなり観光地化していました。

大勢の観光客で賑わうマチュピチュ村
観光客のほとんどが欧米の方でした
町中に温泉施設があります

ちなみにこのマチュピチュ村
初代村長はなんと
野内与吉さんという日本人なんです!

野内さんは1920年頃にペルーにやってきて
鉄道線路拡張工事に携わり
当時まだ未開拓の地だったマチュピチュ
整備して定住されました。

ホテルを開業したりインフラ整備に尽力し
初代村長に任命されたそうです。
マチュピチュ村の初代村長が
日本人だとは驚きました。

さあ、いよいよマチュピチュ遺跡
向かいます!
遺跡へは村からバスが出ていて
標高2000メートルの村から
2400メートルの遺跡まで上ります。
所要時間は約30分です。

バスに乗って遺跡に向かう人たち
郷原ディレクター
郷原ディレクター

せっかくなので遺跡まで歩いて登りませんか?

河田
河田

え、なんで?バスに乗ろうよ!

郷原ディレクター
郷原ディレクター

昔の人たちの苦労を体感しましょう

ということで
渋々山を登ることに…。

バスに乗らず歩いて遺跡に向かうことに
村から4キロ、かなり厳しい山道です
だけど歩いたからこそ見られる景色もありました

標高が高くて息苦しく
かなりしんどかったです。
約3時間かかってしまいました。

そして遺跡にたどり着いて驚いたのは
とにかく観光客が多いこと!!
遺跡の敷地に入るには予約が必要で
入場制限もあります。
私が訪れた時の入場料は
日本円で約5000円でした。

観光客の多さに驚きました
遺跡に入るのに大行列ができています

では早速遺跡全体が見渡せる場所へ。
そこからの眺めが絶景でした!

坂道を上りビューポイントへ
世界複合遺産マチュピチュ遺跡

マチュピチュ遺跡は1983年に
文化遺産と自然遺産の
両方の要素をあわせ持つ
世界複合遺産として登録されました。

石を組み合わせた建造物は
住居、神殿、穀物貯蔵庫、
段々畑、水路などとして
使われたとみられていて
非常に高い石材加工技術と
建築技術を持っていたようです。

精巧な石組みの建造物
「太陽の神殿」の壁面は曲線を描いています
山の斜面を効率よく利用するために造られた段々畑

インカ帝国は1533年に
スペイン人に滅ぼされるのですが、
山の上にあったマチュピチュ
見つからず破壊されませんでした。

どうやってこの山の上に
建造物を建築したのか?
どうやって石を加工したのか?
なんのために山の上に町を
つくったのか?

未だに詳しくは
解明されていないことばかり…
これがマチュピチュの魅力で
大勢の人たちを惹きつけているのでしょうね。

ここに約1000人が暮らしていたといわれています

ペルーでもう一か所訪れたのは
マチュピチュから南東へ約400キロ離れた
チチカカ湖です。

チチカカ湖

チチカカ湖ペルーボリビアにまたがり、
船が航行する湖としては
世界で最も高い場所
標高3800メートルにあります。

チチカカ湖の60%がペルー、40%がボリビアです

この湖には世界的にもめずらしい
浮島に暮らす人々がいるということで
その浮島に渡りました。

ウロス島では10家族ほどが生活していました

行ってみて驚いたのが
この島はトトラと呼ばれる葦で造られた
人工の島なんです!

全部あの細い葦でできてるだなんて
すごくないですか!?
島を歩いていても
葦でできているとは思えないほど
しっかりとしています。

でも、風が強い日は
流されてしまうこともあるそうです。

そして住居などの建物もほとんどが
そのトトラでできています。

気さくに声をかけてくれる島民のみなさん
建物はほとんどがトトラでできています

チチカカ湖にはこのような島が
約70ほどあり、
大きな島には学校や病院もあります。
島には電気もガスも水道もありませんが
太陽光発電で照明を使っていました。
テレビがを見ているお宅もありましたよ。

私たちを歓迎してくれたのは
チチカカ湖で暮らすのはウル族の皆さんです。
インカ帝国が繁栄していた時代に、
陸地を追われて湖で暮らし始めたという
歴史があるそうです。

住民の方が漁にでるということなので
連れていってもらいました。

とても穏やかなチチカカ湖
投網で魚を捕ります
ペヘレイという魚が捕れました

網にかかったのはペヘレイという魚。
島民の皆さんの主食だそうです。

油で揚げてもらい食べさせてもらったのですが
脂がのってて
めちゃくちゃ美味しかったです~!

油で揚げただけのシンプルな料理
ペヘレイの唐揚げ美味しかったです!

実はこのペヘレイ、
1960年代に卵がアルゼンチンから
日本に輸入されたことがあり、
今でも関東の一部地域で獲れるんだそうです。
また食べてみたいな~

この日はウロス島に
ホームステイさせてもらいました。
夜は0度近くまで下がり
めちゃくちゃ寒かったです。
もちろん暖房はないので
ダウンジャケットを着込んで寝ましたが
寒すぎてなかなか寝付けませんでした。

トトラで建てられた住宅にホームステイさせてもらいました

それにしても島民の皆さんは
本当に親切で優しい人ばかりでした。
もちろん観光が島民の生活を
支えているわけではありますが、
大変温かいもてなしが
今でも印象に残っています。

明朝拍手で見送ってくれた島民の皆さん
「ありがとうございました~!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました