【アメリカ・ハワイ島~世界で最も活発な火山】60日間ほぼ世界一周

60日間ほぼ世界一周

日本を出発し最初に向かったのは
ハワイです~!!

60日の旅の一か所目がハワイだとは
全く予想していませんでした。

ハワイ島に到着!お天気も最高!

今回訪れたのは
ハワイ諸島の中で最も大きいハワイ島
通称ビッグアイランドです。

まずは、せっかくなんでビーチで一泳ぎ!
ハワイ島北西部のハプナビーチです。
透明度が高く美しいビーチに感激しました~

アロハシャツに着替えハプナビーチへ。完全に浮かれてます。
水着に着替え海に飛び込む私。取材を忘れてはしゃいでいます。

そしてアメリカで最大規模の牧場のひとつ
パーカー牧場へ。
とにかくそのスケールに
びっくりしました!

パーカーランチ(パーカー牧場)

広さは約1000平方キロメートル。
大阪市の4倍以上の広さです、
360度どこを向いても牧場の敷地!

遠くに見える山々も牧場の一部です。

パーカー牧場の始まりは
ハワイ建国時にまでさかのぼります。
1810年にハワイ王国を
つくったカメハメハ王

この当時イギリスからカメハメハ王
献上された牛が野生化して繁殖し
人や自然に害を及ぼすようになりました。

カメハメハ王像

そこで、その牛の管理を任されたのが
ジョン・パーマー・パーカー
カメハメハ王の孫娘の夫です。

パーカーは1847年に牧場をつくり
牛たちを管理します。
それがこのパーカー牧場なのです。

カウボーイ気分で乗馬体験、最高でした!

こちらでは乗馬体験ができるのですが
このスケールで楽しめるのは
パーカー牧場ならではですね。

そしてハワイ島の世界遺産、
ハワイ火山国立公園にやってきました。

公園内はトレッキング、ドライブ、ヘリツアーなど楽しみ方は様々です

ここは地学的、生物学的に
重要な特性があるとして
1987年に世界遺産に登録されました。

そしてこの国立公園の広さが
なんと約1300平方キロメートル!

日本だと都道府県で一番小さな香川県が
1800平方キロメートルですから
比べるとハワイ火山国立公園の大きさが
なんとなくわかります?

見渡す限りマグマが固まった大地が続きます。
マグマが流れて固まるとこうなるのですね。

公園内は火山から噴出したマグマが流れ出し
そのまま固まったことで
独特な地形をつくっています。

公園内を歩いていると
こんなものを見つけました。

よーく見ると…
「亀」の形に見えませんか?

よーく見ると亀の絵が
描かれているのですが、
わかりますか?

この絵文字は
ペトログリフと呼ばれるもので
400年~700年前に描かれたそうです。

亀の他にも人型や幾何学模様など
モチーフは様々で
約23000ほどあるといわれています。

公園内には
標高約4000メートルのマウナロア山
標高約1200mのキラウエア火山
ふたつの火山があり
今回はキラウエア火山を目指します。

キラウエア火山
「地球上でもっとも活発な火山」
呼ばれている活火山です。

火口のマグマが見えてきました。

日が暮れてから
火口近くまでやってきました。
辺りが暗い方が
火口の炎が目立って見やすいので
大勢の観光客が訪れていました。

この日は火山活動が穏やかで
火口にかなり近づくことができました。

火口から煙がゆっくりと夜空に上っていきます。

暗闇の中にマグマの炎が揺らめいています。
この距離ではもちろん熱を感じることはないですし、
音は何も聞こえません。
しかし地球の生命力を強く感じました。

ハワイでリゾートとショッピングもいいけど、
ハワイ特有の歴史と自然に
触れるのもいいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました